human_circular_genetic_map.jpg

バイオインフォマティクスとは?

バイオインフォマティクス(生物情報科学)とは、生物学のデータをコンピューターで解析し、新しい発見を目指す学問分野です。

バイオインフォマティクス

バイオインフォマティクス(bioinformatics)とは生物学(biology)で集められたデータを情報科学(information)を利用し新しい知識を発見する学問である。

バイオインフォマティクス - Wikipedia

バイオインフォマティクス(英語:bioinformatics)とは、応用数学、統計学、応用物理学、コンピューターサイエンス、計算機科学などの技術応用によって生物医学の問題を解こうとする学問である。生物情報科学とも訳される。
 
主な研究対象分野に、遺伝子予測、遺伝子機能予測、遺伝子分類、配列アラインメント、ゲノムアセンブリ、タンパク質構造アラインメント、タンパク質構造予測、遺伝子発現解析、タンパク質間相互作用の予測、進化のモデリングなどがある。

chart05.gif
はじめてのバイオインフォマティクス (KS生命科学専門書)
講談社
2006-12-18
★★★★☆
バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版
岡崎 康司
メディカル・サイエンス・インターナショナル
2005-12-15
★★★★☆

認定資格

日本バイオインフォマティクス学会
http://www.jsbi.org/

バイオインフォマティクス技術者認定試験
http://www.jsbi.org/nintei/

バイオインフォマティクス(bioinformatics)は、生命情報科学と訳されることもあり、生物学のデータを情報科学の手法によって解析する学問および技術です。
生物学においてゲノム解析による大量のデータが生み出されるようになるとともに、この分野は急速に発展してきました。
今後多様な発展が期待される分野ですが、生物学と情報科学の知識をバランス良く身につけた技術者・研究者がまだまだ少なく、バイオインフォマティクスの未来を担う新しい人材の育成が急務と言われています。

GPGPUコンピューティング

NVidiaのGPGPU等を利用することで、スーパーコンピューターが安価で作れるようになり、バイオインフォマティクスも手軽に取り組める時代になってきました。当サイトでも、各種計算方法の開発を目指します。

GPGPU - Wikipedia

GPGPU (General-purpose computing on graphics processing units; GPUによる汎目的計算)とは、GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである。

CUDA - Wikipedia

CUDA(Compute Unified Device Architecture:クーダ)とは、NVIDIAが提供するGPU向けのC言語の統合開発環境であり、コンパイラやライブラリなどから構成されている。
GPUはシンプルな演算ユニットを多数搭載している。そのため、並行性の高い演算処理を行う場合、少数で複雑な構成を備えた同規模のCPUと比べて高い処理性能が出せる。

第1回 GPUコンピューティングの歴史とCUDAの誕生 | Think IT

スーパー・コンピュータ(スパコン)の高性能ランキング「TOP500」を運営するTOP500.Orgは2010年5月28日、NVIDIA Teslaを搭載したスパコンがTOP500の2位になったことを発表しました。

はじめてのCUDAプログラミング―驚異の開発環境[GPU+CUDA]を使いこなす! (I・O BOOKS)
青木 尊之
工学社
2009-11
★★★★☆
並行コンピューティング技法 ―実践マルチコア/マルチスレッドプログラミング
Clay Breshears
オライリージャパン
2009-12-21
★★★★☆

データマイニング

  • CUDAプログラミングによって、バイオインフォマティクスにおける各種データマイニングを支援いたします。
  • バイオインフォマティクス技術者の資格を持つ専任のプログラマーが、システム開発をサポートいたします。
添付ファイル: filehuman_circular_genetic_map.jpg 758件 [詳細] filechart05.gif 749件 [詳細]
更新日:2011-12-18 (日) 21:18:44 (2103d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS