Subversionを使おう!

Subversionモジュールの導入

XAMPP1.7.3にSubversionモジュールを組み込みます。

XAMPP1.6.3には最初からSubversionのモジュールが組み込まれていたようですが、XAMPP1.7.3にはそれがないので手動で追加します。

(参考)apacheが再起動されない - 教えて! Watch

ダウンロード

SubversionプロジェクトのサイトURL
http://subversion.tigris.org/

Windows Apache 2.2.x用のダウンロードページURL
http://subversion.tigris.org/servlets/ProjectDocumentList?folderID=8100

このページから、ZIP圧縮ファイル「svn-win32-1.6.6.zip」をダウンロードします。
http://subversion.tigris.org/files/documents/15/46880/svn-win32-1.6.6.zip

インストール

不足しているファイルを手動でコピーしました。
(XAMPPですぐにSubversionが使えるようにしておいて欲しいです。使い方が間違えているのかな?)

Apache用のモジュール

「svn-win32-1.6.6.zip」を解凍して、「bin」フォルダー内にあるファイル

  • mod_dav_svn.so
  • mod_authz_svn.so
    C:\dev\xampp\apache\modules
    にコピーします。

Apache用のDDL

「svn-win32-1.6.6.zip」を解凍して、「bin」フォルダー内にあるファイル

  • intl3_svn.dll
  • lib*.dll
    C:\dev\xampp\apache\bin
    にコピーします。
  • lib*.dllは、libdb44.dll等、libで始まるファイル名のファイルのことです。
  • 「*」の位置の部分には、任意の文字が当てはまります。
  • 14個のlib*.dllをコピーしたら、うち4個はすでにあったので、10個だけ新たに追加した形になりました。

設定

Apacheの設定ファイル

C:\dev\xampp\apache\conf\httpd.conf

に、

LoadModule dav_svn_module modules/mod_dav_svn.so
LoadModule authz_svn_module modules/mod_authz_svn.so

の2行を追加します。

# Dynamic Shared Object (DSO) Support

の項目が並んでいる下部に追記します。(138行目付近)

XAMPPコントロールパネルでApacheを再起動します。

確認

XAMPPコントロールパネルから、Apache管理ツールを開き、左側のメニューの「phpinfo()」をクリックします。

http://localhost/xampp/

というURLのページが表示されます。

右フレームの「apache2handler」の「Loaded Modules」に、

  • mod_dav_svn
  • mod_authz_svn
    が表示されていれば、Subversionモジュールが有効になっています。

phpinfo_svn_module.png

添付ファイル: filephpinfo_svn_module.png 976件 [詳細]
更新日:2010-03-18 (木) 00:00:00 (2802d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS