VirtualBoxとは?

VirtualBox - Wikipedia

Oracle VM VirtualBoxとは、x86仮想化ソフトウェア・パッケージの一つ。

  • 仮想化ソフトは、パソコン上に、仮想的なパソコンを構築できるソフトウェアです。
  • 仮想化ソフトを使うと、テスト用のWebサーバーを手軽に用意できます。
  • 仮想化ソフトの一種として、「VirtualBox」があります。

リンク

インストール

Windowsパソコンに、VirtualBoxをインストールして、Linuxサーバーを構築してみましょう。

ホストOSWindows XP Pro 32bit版 SP3
ゲストOSCentOS6.3 64bit版

ダウンロード

VirtualBoxのサイトから、最新版のインストーラーをダウンロードします。

VirtualBox 4.2.6 for Windows hosts -> x86/amd64 というようなリンクをクリック。 ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして、VirtualBoxをインストールします。

ゲストOS

CentOSのサイトから、最新版のisoファイルをダウンロードします。

ダウンロード

Downloads -> Mirrors -> Asia という具合にリンクを辿っていくと、日本のミラーサイトを確認できます。 =IIJや理研などのミラーサイトがありました。

最小構成の「minimal.iso」を使い、後で必要なソフトを追加する形を取りましょう。

新規作成

VirtualBoxで、仮想マシンを新規作成して、CentOSをインストールします。

GUIの追加

必要に応じて、CentOSにGUI環境を追加します。

(参考)CentOS6.3をGUI環境にする方法|株式会社エイシステムデザイン http://www.asystem-design.co.jp/blog/?p=102

前提として、外部ネットワークにつながっていること。 root権限で実行すること。 ・gccをインストール

#yum groupinstall “Development Tools” ↓ ・XWindowをインストール

#yum groupinstall “X Window System” “Desktop” ↓ ・インストールが完了したら、xwindowのテスト

#startx ↓ ・デフォルトでGUIになるようランレベルを変更する(不要?)

#vi /etc/inittab id:3:initdefault: → id:5:initdefault に変更 ↓

#reboot   おまけ ・日本語化する(不要?)

#yum -y groupinstall “Japanese Support” ※コマンドラインでの日本語入力切替はctrl+space

ネットワークの設定

ゲストOSでWebサーバーを構築するとき、ゲストOS側のNICは2枚挿しにした形にして、ネットワークの設定を行ないましょう。

(参考)VirtualBoxのネットワーク環境

  1. 「Oracle VM VirtualBox マネージャー」で仮想マシンを選び、「設定」をクリック。
  2. 「ネットワーク」で、アダプター1を「NAT」にして、アダプター2を「ホストオンリーアダプター」にします。
    1. アダプター1は、ゲストOSが、インターネットに出て行くため。
    2. ホストオンリーアダプターは、ホストOSからゲストOSにアクセスして操作するため。

続いて、以下の設定変更を、ゲストOS(CentOS)側で行ないます。

1枚目のNICの設定例

# /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE="eth0" BOOTPROTO=dhcp HWADDR="08:00:00:00:00:00" # ココは環境ごとに違う NM_CONTROLLED="yes" ONBOOT="yes"

2枚目のNICの設定例

# /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE="eth1" BOOTPROTO=static HWADDR="08:00:00:00:00:01" # ココは環境ごとに違う NM_CONTROLLED="yes" ONBOOT="yes" IPADDR=192.168.56.11 NETMASK=255.255.255.0 NETWORK=192.168.56.0 BROADCAST=192.168.56.255

2枚目のNICは、IPアドレス固定で使います。 =このIPアドレスで、ホストOS側からゲストOS側にアクセスします。

Guest Additionsのインストール

VirtualBoxで仮想マシンにOSを入れた直後は、デスクトップ画面をクリックするとマウスカーソルがゲストOSの中に入ってしまい、右Altキーを押さないとホストOSにカーソルが戻ってきません。 =これをマウスキャプチャーと言います。

このままでは使い勝手が悪いので、ホストOSとゲストOS間でマウスカーソルをシームレスに移動させるために、「Guest Additions」というソフトをゲストOSにインストールします。

  1. VirtualBoxでCentOSの仮想マシンを立ち上げて、[メニューバー]→[デバイス]→[Guest Additionsのインストール]を選択します。

共有フォルダーの作成

ゲストOSとホストOSの間で使える共有フォルダーを作りましょう。 (ファイルのコピーとかで便利!)

  1. 「Oracle VM VirtualBox マネージャー」で仮想マシンを選び、「設定」をクリック。
  2. 「共有フォルダー」で、ホストOS側のフォルダー(Windowsなら、Cドライブの直下に作ったフォルダーとか、マイドキュメントとか)をどれか選び、共有する設定にします。
  3. ゲストOS側で、ショートカットアイコンを作っておきます。(/mediaの中に「sf_何とか」というディレクトリが出来ますが、これがゲストOS側から見た共有フォルダーです。)

(参考)VirtualBox 4 における共有フォルダの自動マウントの設定 http://vividcode.hatenablog.com/entry/virtualbox/shared_folder

ゲスト OS 側での設定 ゲスト OS が Linux で、共有フォルダの自動マウントが有効な場合は、以下の位置に自動的にマウントされます。 /media/sf_NAME NAME は、ホスト OS 側で設定した 「名前」 の値になります。

アップデート時の注意点

CentOSで、カーネルをアップデートしたら、一度インストールした「Guest Additions」が使えなくなりました。 その際は、再度「Guest Additions」を入れ直せばOKです。

更新日:2013-02-10 (日) 14:17:48 (2198d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS